当サイトでは、一切努力や我慢をしないダイエット法を紹介していますが、一切我慢をしないダイエット法の一つとして、今回は「痩せる食器」についてご紹介しようと思います。

 

 

痩せる食器の選び方①  すべての食器を小さくする

これは、使用する食器をすべて小さくするだけという簡単な方法です。
これにより

・食器と比較して食事の量が多く見えるので、錯覚で満腹感を得られる。
・大盛りにしてしまうなどの食べ過ぎを防ぐ
・何度もおかわりするのが面倒になる

 

実際にアメリカで行われた実験では、大きい皿と小さい皿を渡された被験者に、「アイスを好きなだけ食べてください」と説明したところ大きい皿を渡された被験者は、小さい皿を渡された被験者の1.5倍以上のアイスを食べたそうです。

 

別の実験では、皿の直径を5cm小さくしただけで、食べる量が2割減ったというデータもあります。

 

決して我慢したのではなく、自然に減ってしまうところがポイントです。一度小さい食器を用意するだけで、あなたは何も努力をすることなく痩せていけるのですから。

 

痩せる食器の選び方②  大きめのフォークや長い箸を使う

これも簡単な方法ですが、分かりやすく言うと「少し食べにくい物」を使って食べるようにするだけです。太っている人は、早食いの率が高いのですが、それによって満腹を感じる前に更に食べ物を押し込んでしまうのです。

 

そうならないため、食べる速度が遅くなるな大きめのフォークや長い箸などを使って食べるだけです。

 

利き腕と逆を使って食べるのが一番確実ですが、逆にストレスになってしまう場合もあるので無理はしないようにしましょう。

 

痩せる食器の選び方③  ブルーの食器を使う

出典:きらきらにっき

 

これは聞いたことがある方も多いかもしれませんが、青には食欲減退効果あります。これを利用して、青い食器で食べるだけで食べ過ぎを防いでくれるのです。

 

青い食器は100円ショップ等でも売っているので、安物で十分です。

 

これだけでもダイエット効果はありますが、更に強い効果を求めるのであれば

 

青いサングラスをかけて食事をする

これにより、食器だけでなく食事もすべて青くなります。 使ってみると分かりますが、青いご飯は食欲なくなります・・・

 

効果は絶大ですが、嫌になってしまう事もあるのでその場合は食器だけにしておきましょう。

 

これらも一度そろえてしまえば、後は特に注意することもなく勝手に体重が落ちていきますから、是非とも取り入れてみてください。

 

痩せる食器の選び方 まとめ

以上が「努力の必要がない」痩せる方法の一つです。

 

上記三つをすべて組み合わせれば、かなりの効果が見込めると思います。いっぺんにやるのが大変であれば、小さく青いご飯茶碗にするだけでも、効果が出てきます。

 

ダイエットに失敗する人は必ず無理な「我慢」によって失敗しています。

 

このように「我慢」を必要としないダイエット法を組み合わせていくことが、「必ず成功するダイエット」の秘訣です。

 

こういった理由から食後に飲むだけのもっとすっきり生酵素などが売れているのも、ダイエットにつきものの我慢を意識せずに生活の一部としてダイエットを取り入れるからです。